注文住宅と建売住宅の違い。注文住宅は高いの?
東京・世田谷区にある注文住宅・リフォーム専門の工務店 サクラ工研

ご相談・お問合わせはお気軽にどうぞ TEL:03-5799-7366

news&topics

注文住宅と建売住宅の違い。注文住宅は高いの?

建売住宅よりも注文住宅が高い、というイメージを持たれる方は多いのではないでしょうか。「あまり予算が出せないから、注文住宅は無理かな」と諦めている方もいるかもしれません。しかし、実は注文住宅だから必ずしも高いというわけではなく、予算に限りがあるからこそ注文住宅を選んだほうが良いケースも中には存在します。

建売住宅の仕組みと安い理由

「注文住宅」は自分の希望する建物を建てるタイプの住宅、「建売住宅」は土地と建物がセットで販売されているタイプの住宅のことです。建売住宅が安いと一般的に言われている理由は、その販売の仕組みにあります。

建売住宅でよくあるのが、住宅会社が広い土地を購入していくつかに区画し、同じ仕様の家をまとめて建設するというケースです。数棟程度の小規模なものから、何十棟~何百棟もの家をまとめて建てて、新たに街をつくるような大規模分譲地もあります。外観の似た一戸建てがいくつも並んでいる光景を見たことがあるかと思いますが、あれは建売住宅であることが多いです。

同じ仕様の家を複数まとめて建てる場合、材料費や人件費といった点で有利に働きます。資材を大量にまとめ買いしてコストカットしたり、工事の効率化で人件費を抑えたりしているのです。

建売住宅でよくある問題

建売住宅は、既に建物が完成した状態で販売されているケースと、建築途中から販売されているケースとがあります。既に建物が完成している場合、実際の建物を見て購入するかどうか決めることができます。住んだときのイメージがしやすいという点ではメリットになる反面、「建設途中を見ることができない」というデメリットにもなります。

既に完成した建売住宅を購入する場合、壁の中などを見ることはできません。もし手抜き工事がされていたとしても、購入前に気づくことができないのです。建売住宅では、工期を短縮して人件費を抑えるという努力がされています。工事にスピード感を求めるということは、手抜きにつながりやすい状態です。

また、建売住宅は住む人に合わせて間取りなどを決めているわけではありません。設計プランが決められており、基本的に間取りや設備など自分の好みを反映することはできないことがほとんどです。なるべく自分の好みの住宅を選ぶとはいえ、生活動線に合わなかったり、一部のデザインが気に入らなかったりと、何らかの妥協はして購入する方が多いでしょう。

建売住宅で足りない設備などがある場合、後付けやオプション付けできることもあります。しかし、建売住宅のオプションは高額なケースが多いです。問題となるのは設備の不足だけではなく、反対に「ここにはこんなにお金をかけなくても良いのに」と不満に思う部分もあるかもしれません。

注文住宅の特徴とメリットはここ!

注文住宅では、間取りや設備、内装、外観まで自分の希望のものを取り入れることができます。家族の生活や好みに合わせて、家をつくっていくというスタイルです。

注文住宅は一から家を作っていくから高いというイメージがあるかもしれませんが、一概にそうとは言えません。もちろん建材も設備も全て高価なものを使えば、いくらでも予算は上がっていきます。しかし、本当に必要な部分にだけお金を掛けて、不要な部分はコストカットするというふうにメリハリをつけることもできるのです。

自由に設計できるということは、「自分の重視したい部分に予算を集中できる」ということです。限られた予算内で、希望の家を建てやすいといえるでしょう。建築士と相談しながら細かく予算を調整できることは、注文住宅の大きなメリットです。

一口に注文住宅といっても、フルオーダーからセミオーダーまで自由度はさまざまです。なかにはある程度の間取りや標準仕様が決まっていて、その選択肢の中から好きなものを選んでいくタイプの注文住宅もあります。

サクラ工研は、完全自由設計です。構造から間取り、設備まで、お客様の希望の住宅を一からつくっています。設備などのメーカーも自由に選べるようにしており、費用とかけたいところと、コストカットをしたいところを細かく柔軟に調整していくことが可能です。設計プランニングからお見積りまで無料で対応しておりますので、ぜひ予算について気になった方は一度ご相談ください。

Contact us! 家づくり・リフォームに関するお問合せはお気軽にご連絡下さい。

電話番号:03-5799-7366 営業時間:9:00-18:00 定休日:日曜日

メールでのお問合せはこちら