私たちの木造住宅 「在来工法」「SE構法」「スーパーウォール工法」
東京・世田谷区にある注文住宅・リフォーム専門の工務店 サクラ工研

ご相談・お問合わせはお気軽にどうぞ 年末年始も営業中 TEL:03-5799-7366

私たちの木造住宅

私たちの木造住宅 「在来工法」「SE構法」「スーパーウォール工法」

私たちの木造住宅

木の温もりは長く住む上でとても心地よいものです。

木造住宅は、古くから積み重ねられてきた工法であり、設計自由度の高さや、施工性の良さ、経済性の高さという点から見ても、他の工法に負けない良さを持っています。
施工性の良さの一方で、注文住宅から建て売り住宅まで裾野が広いのも木造住宅の特徴です。

サクラ工研では、

  • 日本で古くから伝わる工法、在来工法
  • 高強度の木造建築で大開口が可能な、SE構法
  • 断熱・省エネ効果が極めて高い、スーパーウォール工法

を主に扱っております。

在来工法について

材木同士に凸型の雄木(ほぞ)、凹型の雌木(ほぞ穴)と言われる接合部「仕口(しぐち)・継手(つぎて)」を作り、材木同士をはめ込んでいく工法で、日本では古くから伝わる工法です。

  • 在来工法01
  • 在来工法02
  • 在来工法03
  • 在来工法04
  • 在来工法05

SE構法について

サクラ工研の家づくりは、地震に対する強さ、構造の頑丈さは、一棟ごとに構造計算で証明されます。
その構造体に採用したのはSE構法。
強度実験で品質が保証された集成材で骨太の柱梁を構築し、長寿命で丈夫な金物で接合する、強度と耐久性を求めた新しい木造構法です。

家の性能は、確かな工法が決定。

建物の強度がわかること。断熱性が高いこと。
家の性能を最大限に発揮させるため、新しい技術を採用し、効果的に組み合わせています。
構造躯体となるのは、地震や台風などに対する強さを数値で証明し保証する「SE構法」。
一棟ずつ大規模建築と同様の構造計算を行い、設計段階で、あらかじめ家の強度を明確にします。そして、この強靭な構造躯体を内と外から包み込むのが「ダブル断熱工法」です。
これは外断熱と内断熱のメリットを併せ持った工法で、高い断熱効果によって、少ないエネルギーで快適な温熱環境を実現。また、防湿性・防音性に優れ、家の耐久性も向上させることができます。

地震に対する強さを数値で照明し保証するSE構法。

強度が明確な「集成材」の柱と梁を丈夫な「SE金物」で接合し、構造の耐震性を数値で証明し保証する「構造計算」を可能にした工法です。
耐震性と木造の温もりを併せ持つSE構法が、安心と安全をもたらします。

では、実際のSE構法のつくり方をご紹介いたしましょう。

1.アンカーベースの設置

SE構法ではアンカーボルトの制度が求められます。(施工誤差許容範囲10mm)
コンクリートを打設する際にアンカーボルトが動かないようにする為、鉄筋を組む前にあらかじめステコンの上に固定します。

  • アンカーベースの設置01
  • アンカーベースの設置02
  • アンカーベースの設置03
  • アンカーベースの設置04
  • アンカーベースの設置05

2.アンカーセッターの設置アンカーボルトの上部も同様に動かないように固定します。

  • アンカーセッター01
  • アンカーセッター02
  • アンカーセッター03
  • アンカーセッター04
  • アンカーセッター05

3.配筋工事

立ち上がりのコンクリートの打設後、コンクリートの強度が出るまで型枠は外しません。
平均気温が15℃以上だと3日以上、5℃以上だと8日以上経過した後に型枠を外します。
工期の都合でこの養生期間を短くすることは絶対に許しません。また、上棟は基礎に重みが加わりますので、
立ち上がりのコンクリートの打設の2週間以上経過した後に行います。

4.スラブコンクリートの打設

スラブコンクリートの打設が終わった後もアンカーボルトの位置がずれていないか再度確認します。

  • スラブコンクリートの打設01
  • スラブコンクリートの打設02
  • スラブコンクリートの打設03
  • スラブコンクリートの打設04
  • スラブコンクリートの打設05
  • スラブコンクリートの打設06

5.立ち上がりの型枠を取付

  • 立ち上がりの型枠を取付01
  • 立ち上がりの型枠を取付02
  • 立ち上がりの型枠を取付03
  • 立ち上がりの型枠を取付04

6.立ち上がりのコンクリート打設

  • 立ち上がりのコンクリート打設01
  • 立ち上がりのコンクリート打設02
  • 立ち上がりのコンクリート打設03
  • 立ち上がりのコンクリート打設04
  • 立ち上がりのコンクリート打設05
  • 立ち上がりのコンクリート打設06

以上となります。
このような過程を経て、高強度で大開口が可能な住まいが完成いたします。
耐震性能と設計の自由度が極めて高いSE構法。
高い安全性を確保し、開放的な空間を実現することができるのです。
吹き抜けや広い開口部、家を支える柱や間仕切り壁を最小限に留めることで、開放的な大空間と同時に間仕切りを動かし、容易にリフォームすること出来ます。

サクラ工研では、SE構法で建てたモデルルームを公開しております。※下画像
ぜひ、実際のSE構法の住まいをご覧くださいませ。

  • モデルルーム01
  • モデルルーム02

スーパーウォール工法(SW工法)について

サクラ工研では、独自の高性能SWパネルによる高気密・高断熱・高耐震構造である、スーパーウォール工法での家づくりも取り入れております。
SW工法は、冷暖房や計画換気システムを組み込み、部屋ごとの不快な温度差や空気のよどみなどを解消することが出来、住まいの基本性能を大きく向上することが可能です。

SW工法の特徴

  • [特徴その1]温度差の少ない大空間SW工法なら上下の温度差の少ない快適な空間が作れます。また、外気の影響を受けにくく、快適な室内温度を保つことができます
  • [特徴その2]空気がきれい24時間、365日換気システムで、家の中はいつもきれいな空気で、ご家族の健康をしっかり守ります
  • [特徴その3]地震や台風に強い地震大国ニッポンにふさわしい、独自の「SWパネル」高耐震構造
  • [特徴その4]結露対策家族も住まいもいつも健康に2つの結露対策で、安心・快適に過ごせます
  • [特徴その5]音が静か外からの音を低減し、室内から外部への音漏れを抑え、心身ともにリラックスできる静穏な室内です
  • [特徴その6]自由設計SW工法は、和風から洋風までお客様のご要望で自由設計できる高性能住宅です
  • [特徴その7]エコロジーに配慮「CO2ダイエット」で、住まいから地球温暖化防止に貢献できます

高気密・高断熱構造について

玄関ドアやサッシ等は、基材のアルミと断熱性に優れた樹脂素材(アルミの1250倍)の複合構造。
アルミの特長をそのままに、樹脂が窓まわりの激しい熱移動をしっかり抑えます。
また、基礎部分の熱移動には、基礎の内側または床での断熱施行でしっかり対応します。

窓まわりの断熱構造

断熱・防露サッシ

断熱・防露サッシイメージ

3.49W/( K)以下〔3.0kcal/( m²・h・℃)以下〕
アルミ+樹脂の複合構造で高い断熱性能を発揮します。

基礎断熱

基礎断熱イメージ

3.49W/( m²・K)以下〔3.0kcal/( m²・h・℃)以下〕
ドアに組み込んだ断熱材が、高断熱性能を発揮します。

基礎部分の断熱構造

断熱玄関ドア

断熱玄関ドアイメージ

基礎に断熱材を施行します。
※基礎の仕様は地域・地盤の状況によって異なります。

床断熱

床断熱イメージ

床の直下に断熱材をいれ、建物の断熱性能を高めます。
※基礎の仕様は地域・地盤の状況によって異なります。

24時間計画換気システムについて

今日ではすっかり定着した“水を買う”という概念。日常の“ありふれたもの”に着眼し、自ら選択・購入するということで「健康」等の付加価値を手にするという考え方です。
これは、住まいの高気密化で汚れやすくなった「室内空気」にも当てはまります。高気密住宅であるSW工法住宅では、使用する建具などに配慮してシックハウスの原因を取り除くだけでなく、24時間計画換気でいつもキレイな空気を保ち、ご家族の健康を守ります。

SW工法住宅給気時の流れ 換気経路イメージ図

冷暖房について

SW工法住宅は保温性が高いので、暖房を停止しても温度低下はゆるやか。
真冬の凍てつく早朝でも、すっきり目覚める快適温度をキープでき、暖房を入れれば少ないエネルギーですぐに温まります。

暖房停止後の温度変化

SW工法のすぐれた保温性能と冷暖房との併用によって、一年を通して快適な居住環境を実現しています。
※一酸化炭素を室内に放出する開放型の暖房設備は使用できません。酸欠や一酸化炭素中毒の恐れがあります。

施工事例


  • こだわりのキッチンの二世帯住宅

  • パッシブデザインの二世帯住宅

  • 耐震等級3の地震に強い家

その他のお客様の声


  • 『難しい注文を親切丁寧に対応してもらった』 / 東京都 I様

  • 『日毎にどんどん好きになる住まい』 / 東京都 M様

  • 『満足のいくリフォームを実現できました』 / 東京都 M様

Contact us! 家づくり・リフォームに関するお問合せはお気軽にご連絡下さい。

電話番号:03-5799-7366 営業時間:9:00-18:00 定休日:日曜日

メールでのお問合せはこちら

電話番号 03-5799-7366 営業時間 9:00-18:00