私たちの鉄筋コンクリート造住宅「地下室のある住まい」
東京・世田谷区にある注文住宅・リフォーム専門の工務店 サクラ工研

ご相談・お問合わせはお気軽にどうぞ 年末年始も営業中 TEL:03-5799-7366

私たちの鉄筋コンクリート造住宅

私たちの鉄筋コンクリート造住宅「地下室のある住まい」

地下室のある住まい

耐久性が高く、長く住む事ができる鉄筋コンクリート造住宅。
柱や梁などに鉄筋やコンクリートを使うので、とても強度が高く、建物全体も6面体構造になるので、
強い耐震性を発揮します。

メリットが非常に多い鉄筋コンクリート住宅ですが、デメリットがないわけではありません。
ここでは、近年、お問い合わせを多く頂いている「地下室のある住まい」をご紹介させて頂きながら、費用が高いのでは?とご心配される鉄筋コンクリート造の家を木造と組み合わせた形での住まいをご紹介させて頂きます。

「地下室のある住まい」の作り方

1.地下を掘っていく際に周りの地盤が崩れないよう山留め工事を行います。
最初は穴を掘っていき、H鋼を打ち込んでいきます。

  • 「地下室のある住まい」の作り方01
  • 「地下室のある住まい」の作り方02
  • 「地下室のある住まい」の作り方03

2.H鋼を打ち込んだらセメントを流し込み固定させます。

  • H鋼を打ち込んだらセメントを流し込み固定

3.上端はアングルを溶接して固定させます

  • 上端はアングルを溶接して固定01
  • 上端はアングルを溶接して固定02

4.地盤改良工事(柱状改良)が始まります。地盤調査の結果、この土地には地下3mに地下水が通っているため地盤は軟弱でした。地盤調査に基づき、地中にコンクリートの柱を作り摩擦によって建物を保持 します。直径60cmの杭を92本打ち込みました

  • 地盤改良工事(柱状改良)が始まります
  • 地盤調査に基づき、地中にコンクリートの柱を作ります

5.地盤改良も終わり地下部分の基礎工事が始まります。

  • 地盤改良も終わり地下部分の基礎工事が始まります01
  • 地盤改良も終わり地下部分の基礎工事が始まります02

6.打ち込んだH鋼に横矢板を取り付け、廻りの土が崩れないように土留め工事を行います。

  • 打ち込んだH鋼に横矢板を取り付けます
  • 廻りの土が崩れないように土留め工事を行います

7.掘削を終えたら、地中から湿気が上がってこないように防湿フィルムを張り
捨てコンクリートを打設します。

  • 地中から湿気が上がってこないように防湿フィルムを張り捨てコンクリートを打設

8.捨てコンクリートを打設したら鉄筋を配筋していきます。

  • 捨てコンクリートを打設
  • 鉄筋を配筋していきます

9.地下は通常の木造よりも強度を求められますので、鉄筋はダブルで組んでいきます。
壁とスラブの打ち継ぎから水が入らないように止水板で防水処理を施します。

  • 止水板で防水処理を施します
  • 地下は通常の木造よりも強度を求められます
  • 鉄筋はダブルで組んでいきます

10.地下部分の防水はタケイ工業株式会社の防水コンクリートを採用しています。
ミキサー車にタケイ防水2号液を入れて3分かき混ぜます。

  • 地下部分の防水はタケイ工業株式会社の防水コンクリートを採用01
  • 地下部分の防水はタケイ工業株式会社の防水コンクリートを採用02
  • ミキサー車にタケイ防水2号液を入れて3分かき混ぜます

(本当は1分で良いのですが念には念を入れて…)
これを入れることにより水和反応を促進し水和度を高め、セメント硬化体中の空隙を減少して、
緻密なコンクリートになります。
タケイ工業株式会社の防水コンクリートは実績も多く10年保障なので安心!

11.地下スラブのコンクリートを打設したら、次は壁の鉄筋工事が始まります。

  • 壁の鉄筋工事01
  • 壁の鉄筋工事02
  • 壁の鉄筋工事03

12.ホールダウン金物の取付です。
SE構法では重要な部分になりますので、1mmの誤差も無いように施工致しました。
(施工誤差許容範囲は10mm以内です)

  • ホールダウン金物の取付です
  • E構法では重要な部分になりますので、1mmの誤差も無いように施工致しました

13.地下の内部です。
サポート(支柱)は地上のコンクリートがたわまないように支える重要な物であり、コンクリートの
強度が出るまで(コンクリート打設後28日間)サポートは取ることはできません。

  • 地下の内部です
  • サポート(支柱)は地上のコンクリートがたわまないように支える重要な物
  • コンクリートの<強度が出るまでサポートは取ることはできません01
  • コンクリートの<強度が出るまでサポートは取ることはできません02

14.コンクリートが満遍なく行きわたるように、下にいる職人さんが振動を与え続けます。

  • コンクリートが満遍なく行きわたるようにします01
  • コンクリートが満遍なく行きわたるようにします02
  • コンクリートが満遍なく行きわたるようにします03
  • コンクリートが満遍なく行きわたるようにします04
  • コンクリートが満遍なく行きわたるようにします05

15.コンクリートを打設してから28日間経過するまで型枠や支柱を残しておきます。

16.壁にはドレイナーパネル、床にはドースイライナーを設置。
これらは断熱材と湧水処理を兼ねた物です。
躯体にはタケイの防水コンクリートを採用して万全を期していますが、万が一、大地震により
地下水の侵入があったとしても住戸内に水が入りません。

17.ドースイライナーの上に押さえコンクリートを打設していきます。

  • ドースイライナーの上に押さえコンクリートを打設01
  • ドースイライナーの上に押さえコンクリートを打設02

18.天井には断熱材を吹き付けています。

  • 天井には断熱材を吹き付け01
  • 天井には断熱材を吹き付け02

19.地下室は地上に比べて湿度が高くなりますので、調湿作用のある珪藻土を塗っていきます。

20.完成。

  • 地下室は地上に比べて湿度が高くなります
  • 調湿作用のある珪藻土を塗っていきます

地下室は、土地の有効利用や遮音性能が高い空間づくり、振動を他の階に与えないなど、数々のメリットがございます。デメリットとして、壁に閉ざされた薄暗い部屋をイメージされてはおりませんか?
完成写真からもわかるように、外光がたっぷり降り注ぐドライエリアを設け、サッシの高さを高くすることで、地下でも光を取り入れることも可能です。

地下室は、土地の有効利用や遮音性能が高い空間づくり

上部でご紹介させていただきました、地下一階地上二階のT様邸。
地下室には、光の差し込むリビング、音響を気にすることのないピアノの練習部屋、ゲストがリラックスできるような客室を設けました。
『子供達が以前よりピアノが好きになった』
『夏は涼しくて冷房もいらない』
『居心地がよく、気づくとみんなが地下に集まっている』
といったお言葉を頂戴いたしました。
陽があたり、音を気にすることのなく、自分らしい空間を造られてみてはいかがでしょうか?

施工事例


  • SE構法、3階建ての二世帯住宅

  • こだわりのキッチンの二世帯住宅

  • パッシブデザインの二世帯住宅

その他のお客様の声


  • 『難しい注文を親切丁寧に対応してもらった』 / 東京都 I様

  • 『日毎にどんどん好きになる住まい』 / 東京都 M様

  • 『満足のいくリフォームを実現できました』 / 東京都 M様

Contact us! 家づくり・リフォームに関するお問合せはお気軽にご連絡下さい。

電話番号:03-5799-7366 営業時間:9:00-18:00 定休日:日曜日

メールでのお問合せはこちら

電話番号 03-5799-7366 営業時間 9:00-18:00