収納に困らない注文住宅を建てよう
東京・世田谷区にある注文住宅・リフォーム専門の工務店 サクラ工研

ご相談・お問合わせはお気軽にどうぞ TEL:03-5799-7366

news&topics

収納に困らない注文住宅を建てよう

靴がごちゃごちゃ出ている玄関、置き場がなくリビングになんとなく置かれたままの物たち、片付かないキッチン。
「きれいな家に住みたいのに、なかなか部屋が片付かない」そんな悩みは、今の家の収納のつくりに原因があるかもしれません。
注文住宅を建てるなら、片付けが苦手でも自然と物が片付けられる収納のある家にしましょう。

玄関収納、階段下の収納

玄関収納を考える際には、家を出る前・帰ってきたあとの2つの動線を考えましょう。
仕事から帰ってきたときに、どこでコートを脱いでどこにしまうでしょうか。リビングへたどり着く前に持ち物が収納できると、リビングはスッキリと片付けられます。

玄関収納は昔いわゆる「下駄箱」だけでしたが、最近はシューズクロークや土間収納も人気です。靴だけでなく、よく使うバッグやコート、お子さんがいる家庭であればベビーカーや外遊び用のおもちゃなどもしまうことができます。ゴミに出す予定のダンボールやチラシなどの一時置きにも使えますよ。

外で使ったものを玄関にしまうと、花粉やホコリを家に持ち込まないというメリットも。脱いだコートがダイニングの椅子になんとなくかけられたまま…なんて方は、コート掛けを備えた玄関収納にしてはいかがでしょうか。

リビングに収納しがちな物のなかには、実は玄関においていた方が良いという物も。例えばマスクやティッシュのように、靴を履いてから「忘れてた!」と思い出してリビング戻ることが多いものは、玄関に置くと良いかもしれません。外出時に必要なものが全て玄関に揃っていると、毎朝の準備もスムーズになりますよ。

もう一つ、家全体をスッキリさせるのに重要なのが、階段下収納です。
階段下は高さが低く奥行きが深くなってしまいがちなので、あまり詰め込みすぎると奥の物が出せないなんていうことに。物をたくさん入れることより、収納内に通路を設けるなど、出し入れしやすさの方が大切です。

注文住宅なら収納も自由自在。階段下もポカンと大きな収納スペースにしておくのではなく、棚を設置するなどきれいに収納できるように作りましょう。もしコードレス掃除機などをしまうなら、収納の中にコンセントを設けておくと、収納しながら充電できます。

キッチンの収納、リビングの収納

注文住宅では、「入れるものに合わせて収納のサイズを決める」というのが基本です。これは、規格住宅や建売住宅、賃貸住宅ではなかなかできないことです。

リビングのソファでくつろいでいるとき、子供といっしょに過ごすとき、ダイニングで食事をとるとき、どのような物が必要になるでしょうか。場所とシーン、そのときに使う物を実際にイメージしながら収納計画を立てましょう。

例えばソファでくつろぐときには、テレビのリモコンが近くにあると良いかもしれません。小さなお子さんの洋服やおもちゃなどは、個室や寝室よりも、リビングの近くに収納した方が使い勝手が良いということもあるでしょう。

キッチン収納も使う物と頻度、動線を考えて収納計画を立てます。出しやすくしまいやすい場所は「腰から目線までくらいの高さ」です。手の届きやすい場所に、日常的によく使うものをしまいます。

特にリビングから丸見えになるオープンキッチンでは、見た目がごちゃごちゃしないことが大切です。キッチンの隣に食品やストック類などを収納する「パントリー」を設けるのも良いでしょう。パントリーなんて広い家にしかないものだと思っている方もいるかもしれませんが、実は畳1畳分ほどのスペースがあれば作れますよ。

まとめ

「自分は片付けが苦手」そう思っている方の原因の多くは、収納の量が不足していたり使い勝手が悪かったりすることにあります。注文住宅できちんと動線やしまう物を考えて収納を設けることで、「がんばらなくても自然と片付く」「家族がきちんと物をしまってくれるようになった」という方も多いですよ。

サクラ工研では、「整理収納アドバイザー」や「3S(整理・収納・清掃)コーディネーター」の資格を持つスタッフが、収納についてしっかり考えた設計をしています。ぜひストレスなく片付く家をつくりましょう。

Contact us! 家づくり・リフォームに関するお問合せはお気軽にご連絡下さい。

電話番号:03-5799-7366 営業時間:9:00-18:00 定休日:日曜日

メールでのお問合せはこちら